黒ひつじ雑貨店

好きな物色々・・・のんびりと黒ひつじがご案内。

またアイスクリーム



コタツで食べる冷たいアイスクリームに幸せを感じている黒ひつじです。

写真はグリコの「マキーテ」
カスタード味のアイスに、ほろ苦カラメルとパキパキチョコレートがぐ〜るぐるでコッテリ旨し♪
エスプレッソと頂くと合いそうです。
プリン味が大好きな子ひつじは気に入っていました♪





土曜日、ノルウェイの森を観てきました。
あの小説がどんな風に映像化されたのか?大いに期待して。

うん。
なんて言ったらいいのだろう・・・
良かった。

良かったのですが映像化してしまうと、何だかアノ事・アレノコト・それの事だけって感じに・・・
まぁ・・元々そんな内容なんだけれど小説はもっと哲学的な雰囲気を漂わせていた様な。


しかし、台詞のないちょっとした端役がビックリするくらい豪華な顔ぶれだし
背景の小物や家具、食器などに北欧の有名な物が使われていたりして
細部のこだわりを探すのもなかなか楽しかった♪

それから俳優のヘアスタイルやファッションがメチャクチャかわいい
レトロなんだけど、ただ古臭いだけじゃなくて素敵。
丁度叔母が若い頃のファッションと同じ感じなんだけれど
今着てもヘンじゃないな、と思える物が多かった。
チラッと写るスモッキング刺繍の前掛けとかメチャつぼでしたね。

マツケンはハマッていて良かったし、永沢役の玉山鉄二も激カッコエエ
水原希子の美しさは吸い込まれそうな透明感で配役全部スゴクいい!と思ったのだけれど
ずっと、直子役がどうして菊地凛子なのか黒ひつじには分からなかったのです。
でも最後まで観て納得。
あれは他の人じゃ出来なかった役でしょうね・・・
と云うか内容的に他のアイドル的な女優さんでは受けられない役だろうと。

でね、邦画で初めてビートルズの曲が使われただけあって
エンドロールの終わりの終わりまで皆さんじっくり聞き入っていて
途中で席を立つ方が1人も居ませんでした。
ザワザワしたり携帯の電源を入れたりする人の気配ゼロ。
これはスゴイ事だと思いませんかー?あんなの初めての体験です。
場内が明るくなるまで誰も立ち上がらない・・・
ちょっと感動。

で、結局のところ黒ひつじは後ほどDVDをレンタルしに行くんだろうと思います。
皆様にお勧めするかどうかは・・・
それぞれの判断にお任せ致しますデス(笑)





JUGEMテーマ:今日のおやつ
 
photo by 黒ひつじ -
<< ガーナチョコって何故に美味しいのだろう。 | main | コレクタブル・デミタスカップ >>
ふむふむ。アノコト・アレノコト・ソノコトね。
分かりますぞ。ええ、分かりますとも。
あの監督さんはベトナム人だけど、おフランスに亡命なさってますから、瑞々しく美しい映像はアジアの香り、アノコトアレノコトソノコトの映像はおフランスの香り、なんですな。きっと。
ろばみ、最近になってあの本読みなおしたんざますが、結局のところ、若かりし頃の人生における悩みと哲学の総集編がアノコト・アレノコト・ソノコトなのね、みたいな。
若きウェルテルだって年上のおねいちゃんに遊ばれて自殺ですからね。
| ろばみ。 | 2010/12/14 7:48 AM |

私は当時原作も途中でやめちゃって読んでなくて
今頃なんで映画化?なんて思ってたんですけど・・・
そういう内容なのですね?

ちなみにHikkyは俳優さんの中で松山ケンイチが1番かっこいいって
いつも言ってます。
私からしてみれば可もなく不可もなく・・・って感じの俳優さんなんですけど
男の人から見たら、また別の魅力があるのでしょうか?

バラエティで見る菊地凛子さんは不思議ちゃんでした(笑)
| みく | 2010/12/14 1:58 PM |

>*ろばみさま*
まさしくです。
10代後半から20代前半の多感で残酷で感傷的な若者の生と死。
生は=性で、死は自ら選ぶ死。

黒ひつじはあえて小説を読み直さずに映画を観に行ってみたのですけど
あの小説は男性目線で進行しますでしょ(作者が男性ですからしょうがない)
だからなのか、前から女性の登場人物全ての行動に共感できなかったのですわ
時間的にも内容もギュと凝縮した映画の方では更に強くそれを感じました。

刹那的で現実感のないフワフワしたあの感じは若い頃の一瞬に
確かに皆が感じた何かなのかもしれませんけどね。
| 黒ひつじ | 2010/12/14 2:59 PM |

>*みくさん*
あれは観る人によっては男性にとっての純愛小説らしいんですわ・・・
なので登場する4人の女性それぞれが男性から見て
「こんな女性が存在して欲しい」的な都合の良さを感じるのでした。
(黒ひつじは)

ノルウェイの森は途中挫折する方結構多いと聞きます。
黒ひつじが思うにね あの本を挫折する人は、
明るい太陽の下を「ひまわり」みたいな
幸せな恋愛をしてきた人が多いと思う(笑)
(※いや別に黒ひつじがダークな恋愛ばかりしてきた。と云う意味ではありませんよ・爆)

松ケンが一番好きとは息子さん違いの分かる男ですな(爆)
カッコイイですよー
普通で洗練されていなくてナイーブな所が。
真逆に位置する玉山様も大好き♪

え?菊リンは不思議女子?・・・
そうなんだ〜・・・確かにそんな感じは漂わせていますよね(笑)
あまりバラエティーで素顔を見せて欲しくないと思っちゃいます。
| 黒ひつじ | 2010/12/14 3:25 PM |










http://akai-yane.jugem.jp/trackback/726

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
黒ひつじの本棚
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
カラメル
ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」

このページの先頭へ